Blackview

【OSCAL C80 新発売・スペック情報】iPhoneライクな見た目のおしゃれでコスパの高いスマートフォン!

 BlackviewのサブブランドであるOSCAL(オスカル)より新しいスマートフォン【OSCAL C80】がリリースすることを発表しました。AnTuTUベンチマークスコアで約22万点、カメラのイメージセンサーは「ISOCELL JN1」、90Hzのリフレッシュレートなど、高性能でありながら約1.5万円で購入することのできる高コスパスマホに仕上がっています。見た目もiPhoneのようなおしゃれなデザインで、気に入る方も多いのではないでしょうか。

「Blackview」をアマゾンで探す

【OSCAL C80】商品ページ

田舎団子

Twitterでも情報発信をしています。ぜひフォローをお願いします。

OSCAL C80 のスペック

機種名OSCAL C80
カラー・アリーサニースノー
・ミッドナイトブラック
・ネイビーブルー
ストレージ128GB
UFS2.1
microSD 最大1TB迄対応
メモリ8GB
LPDDR4X
最大6GB拡張可能
サイズ高さ:164.2mm
幅 :76.0mm
厚さ:8.55mm
重量:188g
ディスプレイ6.5インチ 液晶HD+(1600 × 720)
縦横比 20:9
画面占有率 89%
画面密度 269ppi
画面輝度 400nit
リフレッシュレート 90Hz
タッチサンプリングレート 180Hz
プロセッサUNISOC T606
AnTuTu 約22万点
バッテリー5,180mAh
Type-C 18W
カメラリアカメラ
・メインカメラ 50MP (JN1)

フロントカメラ
8MP (ISOCELL 4H7)
生体認証サイド指紋認証
顔認証
対応バンドデュアルSIM(SDカードとの排他的使用)

[2G]
850 / 900 / 1800 / 1900 (B2/B3/B5/B8)
[3G]
wcdma: d1 / b8
[4G]
tdd: b40
fdd: b1 / b3 / b7 / b8 / b20
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth?
位置情報GPS、Glonass、Beidou、Galileo
センサー?
防水規格無し
OSDoke OS 3.0 (Android 12ベース)
その他
OSCAL C80 スペック

OSCAL C80 の本体デザイン

 カメラの配置やフラットフレームはiPhone13のようなおしゃれなデザインとなっています。背面のカメラは、一つはフェイクカメラのようです。

OSCAL C80 はAnTuTuスコア約22万点のSoCを搭載

 SoCには「UNICOS T606」を搭載しています。AnTuTuベンチマークスコアでは約22万点前後を記録し、SNSやWEBの閲覧は不自由なく利用できる処理能力を備えていると言えます。

OSCAL C80 世にも珍しいHD+画質でリフレッシュレート90Hzの組み合わせ

 ディスプレイは6.5インチでそこそこの大きさですが、画質は粗目のHD+の設定となっています。しかし、画面のリフレッシュレートは90Hzを誇り、滑らかな操作感を体験することができます。

OSCAL C80 はリアカメラにISOCELL JN1を採用

 リアカメラには50MPのSamsung製イメージセンサー「ISOCELL JN1」を採用しています。非常に評価されているイメージセンサーなだけに、この端末での写真性能も十分に期待できます。

⇩同じイメージセンサーを搭載した【Blackview BV8800】の作例はこちらでご確認ください⇩

OSCAL C80 は5,000mAh超の大型バッテリーを搭載

 5,180mAhの大型バッテリーを搭載しており、長時間の使用を実現します。

OSCAL C80 はAndroid12に基づき作られた独自OSを搭載

 非常に見やすく操作性の高い「Doke OS 3.0」を搭載しています。

OSCAL C80 の価格/発売日

アリエクスプレス定価
⇒ 219.99ドル(9月10日現在31,351円)

9月14日よりワールドプレミアセール開催!
⇒ 105.60ドル(9月10日現在15,049円、52%オフ)

【OSCAL C80】商品ページ

  • この記事を書いた人

田舎団子(イナカダンシ)

新潟県田舎在中のアマチュアガジェットレビュアー。 興味のあるガジェット等の情報発信をします。

-Blackview
-,