Blackview

【Blackview新製品情報】Blackview A55 はデザインが特徴的な格安エントリースマートフォン

 Blackviewは2021年12月から新たなエントリースマートフォンの【Blackview A55】を発売しています。この端末は見た目が特徴的で、とてもカラフルなカラーとiPhoneライクなカメラユニットを備えています。

「Blackview」をアマゾンで探す

田舎団子

Twitterでも情報発信をしています。ぜひフォローをお願いします。

スペック

Blackview A55
カラー・サマーモヒート
・インクグリーン
・トワイライトブルー
・ファントムブラック
ストレージ16GB
microSDカード64GB迄対応
メモリ3GB
サイズ高さ:164.5mm
幅 :76.7mm
厚さ:9.1mm
重量:196g
ディスプレイ6.528インチ 液晶HD+(720 × 1600)
画面占有率 89%
リフレッシュレート 60Hz
最大画面輝度 400nit
プロセッサMediatek Helio A22
バッテリー4,780mAh
Type-B
カメラリアカメラ(1眼)
・8MP(Sony IMX319)

フロントカメラ
・5MP
セキュリティ顔認証
ネットワークデュアルSIM
(背面パネルを外した内部にスロットルがある)

[2G] 
GSM : b2/b3/b5/b8
[3G]
Wcdma : b1/b8
[4G]
Fdd : b1/3/7/8/20
Tdd : b40

Wi-Fi: Ieee802.11 b/g/n/ac
ナビゲーションGPS、Glonass、Beido
センサー?
防水規格無し
OSDoke OS 2.1 (Android 11)
その他Bluetooth 4.1
3.5mmイヤホンジャック
Blackview A55 スペック

iPhoneライクな見た目に奇抜なカラーバリエーションをラインナップ

カラーバリエーションは4種類

 他メーカーのスマートフォンでは見かけないカラーが存在します。特に一番左の『サマーモヒート』は青と緑のグラデーションになっており、この機種特有のカラーです。

 2つのフェイクカメラでiPhoneの様な見た目に

 リアカメラは1つしかないのに、見た目は3眼の様になっているのは2つのフェイクカメラが存在するからです。正直、中途半端な超広角カメラやマクロカメラを追加して価格が高くなってしまうなら、この【Blackview A55】の様に1眼で割り切ってコストカットしてくれた方がユーザーにとっては良い事と思います。

「スリム」とも「軽い」とも言えないサイズ感

 9.1mmの厚みや196gの重量はエントリースマホとしては少し残念。

エントリースマホとしては嬉しい大画面ディスプレイを搭載

 約6.5インチの大画面ディスプレイを搭載していて、動画視聴やWeb閲覧では非常に見やすいサイズ感であると言えます。しかし解像度は低く、高画質な画像や動画は見ることはできません。

そこそこのバッテリー容量を搭載

 1日持ち歩いても全く問題ないだけの十分なバッテリー容量を搭載しています。

SoCはエントリースマホらしく『Helio A22』を搭載

 搭載しているSoCは、Mediatek製『Helio A22』を搭載しています。AnTuTuベンチマークスコアは約9万点。

リアカメラは約5年前のセンサーを搭載 しかし腐ってもSonyです

 リアカメラにSony製IMX319のイメージセンサーを搭載しています。画素数こそ低いですが、明るい環境下であればそれなりの写真が期待できます。また、フロントカメラにはビューティーモードが備わっており、自撮り撮影で役立ちます。

痒い所に手が届く『Doke OS 2.1』を搭載

 ユーザーの利便性を手助けしてくれる機能の豊富な『Doke OS 2.1』を標準装備しています。

付属品は最低限のものを同梱

 透明のTPUケースを同梱されている為、別途アクセサリーを買わずともすぐに端末を使用出来ます。

価格

10,120円(アリエクスプレス)
※日本のアマゾンではまだ取り扱いはありません

Blackview A55

「Blackview」をアマゾンで探す

まとめ

 魅力はデザインと価格の安さだけ。スペックは低く対応バンド帯は少ないので、メイン端末としての使用は少し不安です。画面の大きさを活かしたサブ端末として使用することをお勧めします。

-Blackview
-, ,