【UMIDIGI BISON X10 , x10Pro スペック紹介】BISONシリーズの中での位置づけは?過去の機種と比較解説!

UMIDIGI
スポンサーリンク

 

 UMIDIGIは先日Twitterにて【UMIDIGI BISON X10 & X10Pro】の存在を明らかにしました。このBISONシリーズとはUMIDIGIが展開するタフネススマートフォンの種類のことです。タフネススマホといえばその特性から渋いデザインのものが一般的ですが、UMIDIGIの場合はポップなデザインで人気を博し、UMIDIGIの中ではAシリーズに肩を並べて売れ筋の商品になっています。初登場の「BISON(無印)」が2020年8月に発売開始されてから、「BISON GT」「BISON 2021」「BISON Pro」そして今回の「X10 & X10Pro」と、この約一年の間に多くのシリーズ展開をしており、メーカーとしても猛プッシュしている製品群になってます。

 では今回新しく発売となる予定の 【UMIDIGI BISON X10 & X10Pro】 のスペックと一緒に、その他の製品と比較して、BISONシリーズの中でいったいどの位置づけにあるのか確認していきたいと思います。

田舎団子
田舎団子

Twitterでも情報発信をしています。ぜひフォローをお願いいたします。

スポンサーリンク

発売日・価格

発売日価格(2021年9月現在)
BISON X102021/9?119.99ドル
BISON X10 Pro2021/9?139.99ドル
BISON Pro2021/7158.99ドル
BISON 20212021/5189.99ドル
BISON GT2021/2257.13ドル
BISON2020/8159.99ドル

 発売日をみると、短期間で多くの商品をリリースしていることが分かります。
 ※価格はアリエクスプレスのものを引用しています。

スポンサーリンク

外観

UMIDIGI BISON X10

UMIDIGI BISON X10 Pro

UMIDIGI BISON PRO

UMIDIGI BISON GT

UMIDIGI BISON , BISON 2021

 今回のX10,X10 Proで少しだけイメージを変えてきた印象。「X10」はシリーズで初めて背面にマットガラスを採用しています。タフネススマホでガラスを使用している機種は無く、他にないスタイリッシュさがあります。「X10 Pro」は従来通り工業用ゴムが背面素材になっていますが、背面にビスのようなデザインがあるため、よりかっこよく頑丈なイメージを持つことが出来ます

アンドロイドバージョン・SoC・サイズ

バージョンSoCサイズ
BISON X10Android 11MediaTek Helio P60169.7 x 82.1 x 12.9mm、293g
BISON X10 ProAndroid 11MediaTek Helio P60169.7 x 82.1 x 12.9mm、285g
BISON ProAndroid 11MediaTek Helio G80164.0 x 79.6 X 12.7mm、265g
BISON 2021Android 11MediaTek Helio P60162.5 x 79.9 x 12.8mm、250g
BISON GTAndroid 10MediaTek Helio G95170.3 x 82.5 x 12.8mm、283g
BISONAndroid 10MediaTek Helio P60162.5 x 79.9 x 12.8mm、250g

 価格やSoCを見れば「GT」が最上位モデルにいなっていることが分かります。X10,X10Proを含めてその他の機種は処理性能はほぼ一緒と思っても良いでしょう。

田舎団子
田舎団子

正直、新しい「X10,10Pro」にはより上位のSoCを搭載してほしかったです。

ROM・RAM・ディスプレイ

ROMRAMディスプレイ
BISON X1064GB4GB6.53インチ 液晶HD+
BISON X10 Pro128GB4GB6.53インチ 液晶HD+
BISON Pro128GB4GB / 8GB6.3インチ 液晶FHD+
BISON 2021128GB8GB6.3インチ 液晶FHD+
BISON GT128GB8GB6.67インチ 液晶FHD+
BISON128GB6GB6.3インチ 液晶FHD+

 X10,X10Proでは解像度を下げてきました。

バッテリー・カメラ・セキュリティ

バッテリーカメラセキュリティ
BISON X106,150mAh、10W充電20 + 8 + 2MP、8MPサイド指紋,顔認証
BISON X10 Pro6,150mAh、10W充電20 + 8 + 2MP、8MPサイド指紋,顔認証
BISON Pro5000mAh、18W充電48 + 16 + 5MP、24MPサイド指紋認証
BISON 20215000mAh、18W充電48 + 16 + 5 + 5MP、24MPサイド指紋認証
BISON GT5,150mAh、33W充電64 + 16 + 5 + 5MP、32MPサイド指紋,顔認証
BISON5,000mAh、18W充電48 + 16 + 5 + 5MP、24MPサイド指紋認証

 X10,X10Proではカメラ性能を過去最弱の構成にしてきました。このことから、BISON無印よりも安価な価格設定になる可能性も考えられます。また、バッテリーは従来機種から約20%アップしており、長時間充電を気にすることなく使用することが可能です。しかし、その影響で重量も過去最大となっており、この辺はトレードオフと言えます。

ネットワーク・ナビゲーション・防水規格

ネットワークナビゲーション防水規格
BISON X10 ※4G回線4キャリア対応GPS、GLONASS、Beidou、GALILEOIP68/IP69K/MIL
BISON X10 Pro      〃GPS、GLONASS、Beidou、GALILEOIP68/IP69K/MIL
BISON Pro      〃GPS、GLONASS、GALILEOIP68/IP69K/MIL
BISON 2021      〃GPS、GLONASS、GALILEOIP68/IP69K/MIL
BISON GT      〃GPS、GLONASS、BDS、GALILEOIP68/IP69K/MIL
BISON      〃GPS、GLONASS、GALILEOIP68/IP69K/MIL

 ※対応バンド的には全キャリアで使用することが出来そうですが、実際に使用してみないと分からない部分もあるため、ご購入の際は十分ご注意願います。

センサー・対応バンド・その他

センサーその他
BISON X10赤外線(体温測定),加速度,近接,ジャイロ,コンパス,光Bluetooth 4.2,NFC,イヤホンジャック
BISON X10 Pro赤外線(体温測定),加速度,近接,ジャイロ,コンパス,光Bluetooth 4.2,NFC,イヤホンジャック
BISON Pro赤外線(体温測定),加速度,近接,ジャイロ,コンパス,光Bluetooth 4.2,NFC,イヤホンジャック
BISON 2021加速度,近接,ジャイロ,コンパスBluetooth 4.2,NFC,イヤホンジャック
BISON GT加速度,近接,ジャイロ,コンパス,光,気圧Bluetooth 5.0,NFC,イヤホンジャック
BISON加速度,近接,ジャイロ,コンパスBluetooth 4.2,NFC,イヤホンジャック

 X10,X10ProではUMIDIGIではおなじみになりました体温測定機能が追加されました。

まとめ

 新商品のX10,X10Proを従来機種と比較していきましたが、大幅な機能のアップデートはなく、むしろ多くの機能でダウングレードされていることが分かりました。しかし、OSが最新のものであったりデザインが変わっていたり体温測定に対応していたりと、安価で販売されるとしたら購入する価値が十分にある楽しみな機種であることも分かりました。今後、メーカーから発表される発売日や価格についてのアナウンスを逃さないように注視したいと思います。

UMIDIGI BISON X10
created by Rinker

価格情報追記

 公式Twitterで先日ワールドプレミアおよびセール価格のアナウンスがありました。

 ・ BISON X10    119.99ドル(約13,800円)
 ・ BISON X10 Pro  139.99ドル(約15,400円)
 
 10月11日発売開始で、その後4日間ワールドプレミアセール期間となります。上記価格もそのセール価格となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました