アフィリエイト広告 ALLDOCUBE スペック

【ALLDOCUBE iPlay 60 スペック】Widevine L1で筆圧検知スタイラスペンに対応した格安タブレット

2024年2月17日

 【ALLDOCUBE iPlay 60】は、2024年2月22日に発売の10.4インチのAndroidタブレットです。低価格ながら、UNISOC T618 8コアCPU、4GB RAM、128GBストレージを搭載し、日常的な使用に十分な性能を備えています。

【ALLDOCUBE】をAmazonで探す

田舎団子
田舎団子

Twitterでも情報発信をしています。ぜひフォローをお願いします。

ALLDOCUBE iPlay 60 の特徴

2K In-cell・FHDディスプレイ

主な特徴

  • 大画面: 12000x1200解像度の10.4インチIPSディスプレイは、映画、ショー、ゲームに没入感のあるビジュアルを提供します。
  • 高性能: UNISOC T606 CPU、4GB RAM、128GBストレージを搭載し、アプリの動作も快適です。
  • 3眼リアカメラ: 16MPメインカメラと2MPのマクロカメラと超広角カメラを搭載し、写真撮影やビデオ通話などに活用できます。
  • 大容量バッテリー: 7000mAhの大容量バッテリーを搭載し、長時間の使用にも安心です。
  • 4G LTE対応: SIMカードを挿せば、どこでもインターネット接続が可能です。
  • プレミアムオーディオ: フルレンジサウンドを楽しめる4つのスピーカーを搭載。
  • スタイラスペン対応: 筆圧(筆圧4096段階)を検知してイラスト作成にも使用できます。
  • Widevine L1対応: Widevine L1 DRM認証により、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+などの人気サービスをHD画質で視聴できます。
  • 低価格: 2万円以下で購入できるため、コストパフォーマンスに優れています。
Widevine L1に対応

ALLDOCUBE iPlay 60 のスペック

iPlay 60タブレット
機種名ALLDOCUBE iPlay 60
カラー・グレー
ストレージ128GB
+1TBまでmicroSDにより拡張可能
メモリ4GB
+8GB拡張可能
サイズ縦 :163.7mm
横 :259.1mm
厚さ:7.95mm
重量:520g
ディスプレイパネルタイプ:IPS
サイズ:10.95インチ
解像度: FHD+(2000 x 1200)
アスペクト比:
ピクセル密度:213ppi
輝度:300nit
リフレッシュレート:Hz
タッチサンプリングレート:Hz
プロセッサUNISOC T606
AnTuTuベンチマークスコア:約23万点
バッテリー7,000mAh
有線充電速度:PD18W
無線充電速度:
カメラ・メインカメラ 16MP
・マクロカメラ 2MP
・超広角カメラ 2MP
・フロントカメラ 5MP
生体認証
対応バンドデュアルSIM(nanoSIM ×2)
※SIM2はmicroSDと排他

周波数帯域
【2G】
GSM:B2/3/5/8
【3G】
WCDMA:B1/2/5/8
【4G】
LTE FDD:B1/2/3/4/5/7/8/20/28A/B
LTE TDD:38/40/41
Wi-Fi2.4GHz/5GHz 802.11 ac/a/b/g/n
Bluetooth5.0
コーデック:
位置情報GPS、GLONASS、Galileo
オーディオクワッドスピーカー
センサー類
防水・防塵規格
OSAndroid 13
その他スタイラスペン対応(筆圧感知)※別売り
Widevine L1対応
1年保証
ALLDOCUBE iPlay 60 スペック

ALLDOCUBE iPlay 60 の価格

Amazon定価
⇒ 24,900円

【ALLDOCUBE】をAmazonで探す

専用のアクセサリーはこちら

created by Rinker
ALLDOCUBE
¥5,999 (2024/05/19 03:11:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ALLDOCUBE
¥3,999 (2024/05/19 03:11:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

 【ALLDOCUBE iPlay 60】は、低価格で軽めのアプリを多用するカジュアルユーザーおすすめのタブレットです。大画面で動画視聴や読書を楽しんだり、アプリを使ってゲームやネットサーフィンを楽しんだりすることができます。また、タブレットとしては珍しく多くのカメラを搭載していますが、いずれもスペックは低く実用的な写真撮影は難しいことと思われます。画面解像度が高くWidevine L1対応機種として映像コンテンツの消費やスタイラスペンを使用したイラスト等の作成といった使用方法がが最適解であるといえるでしょう。

引用(

  • この記事を書いた人

田舎団子(イナカダンシ)

新潟県田舎在中のアマチュアガジェットレビュアー。 興味のあるガジェット等の情報発信をします。

-ALLDOCUBE, スペック
-, ,