【スペック】Xiaomi Mi11 Ultra グローバル版 ~製品情報まとめ~

Xiaomi
スポンサーリンク

 こんにちは、田舎団子です。今回は2021年4月にXiaomiがフラッグシップスマートフォンとして発売開始した【Xiaomi Mi11 Ultra】の商品スペックについてまとめたいと思います。

田舎団子
田舎団子

ツイッターでも情報発信をしています。ぜひフォローをお願いします。

スポンサーリンク

スペックまとめ

ストレージ256GB / LPDDR5
メモリ12GB / UFS 3.1
寸法高さ : 164.3mm
幅  : 74.6mm
厚さ : 8.38mm
重量 : 234g
ディスプレイクワッドカーブディスプレイ
サイズ : 3200×1440(2K)
画像密度 : 515 PPI
最大輝度 : 1700 nits
リフレッシュレート : 120Hz
タッチサンプリングレート:480Hz
表示色数:10億7000万色
プロセッサーQualcomm®Snapdragon™888
バッテリー5000mAhバッテリー
67W有線充電 / 67W無線充電
リバース無線充電対応
カメラ50MP広角カメラ
・1 /1.12インチ
・f / 1.95
・OIS
48MP超広角カメラ
・128°FOV
・1 / 2.0インチ
・f / 2.2
48MP望遠カメラ
・120倍デジタルズーム
・10倍ハイブリッドズーム
・5倍光学ズーム
・1 / 2.0インチ
・OIS
20MPインカメラ
ネットワーク・デュアルSIM
・対応バンド ※ソフバン系での使用推奨
5G:n1 / n3 / n5 / n7 / n8 / n20 / n28 / n38 / n40 / n41 / n77 / n78 / n79
4G:FDD-LTE:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B20 / B28 / B32 / B66
4G:TDD-LTE:B38 / B40 / B41 / B42
3G:WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19
2G:GSM:850900 1800 MHz

・Wi-Fi 6E / Wi-Fi 6
・Bluetooth 5.2(AAC / LDAC / LHDC)
ナビゲーション・GPS
・ガリレオ
・Glonass
・北斗
オーディオハイレゾ&ハイレゾワイヤレスオーディオ
ハーマン・カードン
センサー近接センサー
周囲光センサー
加速度計
ジャイロスコープ
電気コンパス
ホールセンサー
X軸リニアモーター
IRブラスター
グリップセンサー
バロメーター
リアライト(色温度)センサー
フリッカーセンサー
マルチドットレーザーフォーカスセンサー
OSMIUI12(Android11)
その他Corning®Gorilla®GlassVictus™
スポンサーリンク

デザイン

 まず、デザインで目を引くのはスマホ本体幅いっぱいに広がっている大きなカメラユニットです。今までの常識を覆す奇抜なデザインです。カメラユニットの中には小さなサブディスプレイがあります。ボディの素材はセラミックで、カラーは白と黒のみ。

田舎団子
田舎団子

始めてみたときはダサいと思いました。しかし、実際に使用しているうちにかっこよく見えてきます(ガジェットあるある)。

ディスプレイ

 ディスプレイの性能はタッチサンプリングレート、リフレッシュレート、発色、明るさ…すべての面において非の打ちどころがなく最強です。DisplayMateというディスプレイ評価機構による評価も最高の「A+」を獲得しています。

プロセッサー

 搭載するSoCは2021年5月現在で最高性能の「Snapdragon888」です。Antutuベンチマークスコアは約90万点。負荷のかかる3Dゲーム等もストレスなく楽しむことが出来ます。

 SoCの放熱性も優れていて、常に良いパフォーマンスが発揮出来るように設計されています。

田舎団子
田舎団子

スナドラ888の発熱はすごいです。この端末は筐体がすぐ熱くなるので、熱伝導性が高く放熱性能に長けていると言えます。

バッテリー

 バッテリー容量は5000mAhと申し分なし。大きい明るい画面で120Hzのリフレッシュレートの設定でも、1日は問題なく使用できます。

 充電性能は有線・無線共に67Wの急速充電に対応。朝の小一時間の充電で100%に達します。

カメラ

 カメラはメインカメラ、望遠カメラ、超広角カメラの3種類を搭載。カメラ性能を評価している機関の「DXOMARK」におけるランキングでは、数あるスマートフォンの中でダントツの一位のスコアを獲得しています。3種類全てのカメラの性能が高く、一切妥協をしていないことが伺えます。

 メインカメラには、サムスンと共同開発をした「GN2」という最新のイメージセンサーを搭載しています。センサーサイズは1/1.12インチと超大型で、暗い所や逆行のシーンでも鮮明な写真を撮影することが出来ます。

 望遠カメラは120倍デジタルズーム、10倍ハイブリッドズーム、5倍光学ズームで撮影することが出来ます。

 超広角カメラの特徴は、128°というとても画角の広いレンズを採用している点です。他のスマートフォンの一般的な123°等のレンズとは違い、よりダイナミックな写真を撮影することが出来ます。

 もちろん写真だけでなく、動画性能も優秀で、最大8K画質での録画が可能です。

オーディオ

 オーディオについては先日紹介している下位モデルのMi11と同様、「Harman/Kardon」が監修をしており、非常に高品質なサウンドを実現しています。

⇩Mi11のレビュー記事は下記⇩

その他の機能

 デザインの部分でも触れましたが、背面にサブディスプレイを搭載しており、好みの画面にカスタマイズすることが出来ます。また、タッチディスプレイになっていますので、音楽再生時に音量や選曲など簡単な操作をすることが出来ます。

田舎団子
田舎団子

正直あまり使わないです。これはロマンです。

 ディスプレイ表面のガラスには、コーニング社のモバイル家電向けで最強の耐久性を誇る「Gorilla®GlassVictus」を採用しています。落下による割れやひっかきによる傷に強いです。

 また、IP68の防水性能に対応しています。

価格

created by Rinker
¥178,800(2021/12/04 02:20:03時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました