【UMIDIGI A11 Tab セール情報&スペック紹介】ディスプレイ性能最高で動画超最適な格安タブレット。

UMIDIGI
スポンサーリンク

 

 先日UMIDIGIは、9月27日にメーカとして初めて発売をするタブレット【UMIDIGI A11 Tab】について、スペックの詳細と発売日及びワールドプレミアセール価格を公式Twitterよりアナウンスしました。その内容から、このタブレットが格安でありながら動画視聴に最適であることが明らかになりましたので紹介します。

田舎団子
田舎団子

Twitterでも情報発信をしています。フォローをお願いします。

スポンサーリンク

【UMIDIGI A11 Tab】スペック

カラーグレー
ストレージ128GB 
micro-SD 1TBまで対応
メモリ4GB
サイズ縦 :47.2mm
横 :156.96mm
厚み:7.95mm
重量:527g
ディスプレイ10.4インチ 液晶
1200×2000 1080p(2K)解像度
画面占有率84% 7.4mm狭ベゼル
プロセッサMediaTek Helio P22
バッテリー8,000mAh
10W充電(type-C)
カメラ16MPリアカメラ
8MPフロントカメラ
セキュリティサイド指紋認証
顔認証
ネットワークデュアルSIM対応 5G非対応
対応バンド不明
(いつも通り対応バンドは4キャリアフル対応と思われます)
ナビゲーションGPS非搭載
防水規格無し
OSAndroid11
その他Bluetooth5.0
2.4+5.0 dualband Wi-Fi
日本語対応
Introducing UMIDIGI A11 Tab – Newest Audiovisual Feast
スポンサーリンク

本体デザイン

 本体デザインは非常にシンプルで飽きの来ないような設計になっています。本体重量は527g厚みは7.95mmと重すぎず厚すぎず、取り扱いやすいサイズ感です。

ディスプレイ性能

 画面サイズ10.4インチの2Kフルビュー液晶ディスプレイを搭載。ベゼル幅も格安タブレットの中では狭い方と言えるでしょう。

田舎団子
田舎団子

ベゼルはこれ以上狭くなると持つときに誤タップの原因になるので、このくらいがちょうどいいと思います。

搭載SoCはHelio P22

 SoCにはMediaTek Helio P22 と、古いエントリークラスのものを採用し、コストダウンを優先しました。しかしやはり、その性能は低く処理の重いゲームはまともに動かないでしょう。ブラウジングや動画視聴でしたら、問題なく使用することは可能です。

128GBの大容量ストレージ&1TB外部ストレージ対応

 大容量のストレージで、たくさんの画像データやアプリを保存することが出来ます。

8,000mAhの大容量バッテリー搭載

 大容量のバッテリーで長時間駆動を可能としています。しかし、充電速度は10Wと遅めです。

クワッドスピーカーで迫力のあるサウンドを楽しめる

 スピーカーを4機搭載し、迫力のあるサウンドを楽しむことが出来ます。

カメラ性能は控えめ

 アウトカメラ16MPインカメラは8MPと、ここでもコストダウン目的で低スペックのセンサーを採用しています。タブレットなのでカメラ性能は重視しない人が多いと思うので、ここは良い選択をしていると思います。

デュアルSIM対応

 この端末はタブレットでありながらSIMカードを挿せば通信することも可能です。対応バンドについてはまだ分かっていませんが、UMIDIGIの事なので全キャリア対応した仕様になると思われます。

最新のAndroid11を搭載

 Androidバージョン11に対応しているので、最新の機能を使用することが出来ます。

キーボード(別売り)対応

 別売りの専用キーボードを使用すれば、ノートパソコンのように使用することが可能です。

発売日 / ワールドプレアセール価格

 発売日は9月27日です。
 定価は249.99ドル(約27,500円)ですが、9月27日から30日までの4日間、ワールドプレミアセールと題し169.99ドル(約18,700円)さらに5パーセントオフクーポンで最終的に164.99ドル(約18,130円)で販売される予定です。

UMIDIGI A11 Tab
created by Rinker

まとめ

 この端末の特徴としては、安くて画面がきれいで迫力のある音を楽しめるというところなので、動画視聴することに最適な1台になるでしょう。日本で販売される可能性もありますが、おそらく日本市場だと3万円台くらいになると思われますので、このワールドプレミアセールで購入することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました